読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の伴侶は意外と貴方の傍に

おはようございます。フォッカチャ林です。
好きな作品は紡木たく先生の「かなしみのまち」です。

さて、海外旅行大好き野郎の私から小指の先程のお役立ち情報です。


docomoの携帯は¥3000(税抜)払えばSIMフリーにしてくれる。さて、ここで気をつけなければいけないのは


●1:
¥3000支払って解除しなければ、どこかの国の如何わしい格安SIMは使えない。

●2:
当たり前の1を知らずに、何処かの国の如何わしい格安SIMを刺し、認証されないのにダメ元で頑張って10回以上トライを繰り返すと端末自体にロック解除の制御がかからなくなり、docomoショップでもSIMフリーの手続きが出きなくなる。docomoのなんちゃらセンターに2~3週間程預け、SIMフリー解除のロックを【解除する為のロック】」を解除にしてもらう必要がある。

という事です。

通常、私が生活で使ってる端末はマンマと2に該当していたので、仕方なくこの久々のゴーリキ端末

f:id:sakakix:20161213111612j:plain
GALAXY S3α (OS 4系)

を押入から思い出と共に探り出し、SIMフリー対象機としました。

現メインの端末に機種変した際、店員の口車に乗せられ1回の飲み代にはなるであろう微々たる金額と引換にコイツを捨てようかと思いましたが、なかなか多感な時期を共にしていたセンチメンタルからか、なぜか手元に置いてしまっていました。

が、それからというものいつも私のライフスタイルの微妙なところでコイツは私の為に活躍してくれていたのです。

現メイン端末が意味なく破損した時も、代替として働いてくれたのはいつもいつもこのゴーリキ端末でした。

電池パック(ランチパックじゃねーぞ)は2回変えてます。それ位頑張ってくれてます。そして今回なぜかSIMフリーとなりました。
なぜメイン使用端末よりも私のライフスタイルをここぞという時にフォローしてくれるのか、変化に対応してくれるのか。

どうやら私は

昨今、機種もOSも第一線とはとても言い難いコイツを常に宛にしていた
という事実にやっと気が付きました。
実に5年もかかりました。

なんでしょうこの感慨深さは。
どうか私を殴ってください。